聖書 驚くべき神の御計画

「初めに、神が天と地を創造した。」

   聖書 創世記1:1

 

人は、自分たちが経験していることが常識であるかのように感じて生きている。私たちの住む宇宙も、常に存在してきたかのように感じている。

しかし、聖書はこれと全く違う事実を私たちに示している。宇宙は創造主の全能の力によって創造されたものであり、神様の創造には、秩序があり目的があった。

「神はこのように、人をご自身のかたちに創造された。神のかたちに彼を創造し、男と女とに彼らを創造された。」創世記1:27               

 

人が他の被造物と違い神様の姿で創造されたのは、人間が神様を知り、神様に栄光をかえすようにする為である。しかしそれにもかかわらず、自らの自由意志によって、不従順の罪を犯すことによって、祝福は呪いにかわり、世の様々な労苦と霊肉の死が臨んだ。

初めの人アダムの犯罪は、その子孫である人類にまで及んで、すべての人類が罪の審判の下に置かれるようになった。

 

聖書は創造主なる神がそのような人類に

御子イエス・キリストの血により罪を贖い死の呪いを砕き、イエス・キリストを信じる信仰によりまことの子どもとして下さる驚くべきご計画を啓示している。

                   

「神は実にその一人子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。

 ヨハネ  3:16